子供が突然肘を動かさなくなって泣き始める…肘内障のとはどんなケガ?

肘内障の症状

肘内障の症状は以下のような症状が挙げられます。

・腕を引っ張ったら急に腕を動かさなくなった
・腕を下に下げたまま、手を挙げようとしない
・手の甲を前に向けた姿勢をとる
・腕を動かそうとすると泣いてしまう
・悪い方の肩を下げ、腕を痛がる

などが特徴です。

逆に、内出血や腫れや患部が熱をもつ…などの
症状がある場合には、肘の骨などの外傷の方が
疑われます。

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳

肘内障の原因

肘内障は、子供の腕が急に引っ張られたために
肘の骨が抜ける、いわゆる脱臼してしまったものです。

ただ、一般的な脱臼と異なり、骨を包む靭帯から
子供の時期にだけ骨が外れやすいのが
肘内障の特徴でもあります。

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳

それは、大人の骨に比べると子供の骨は
成長途中で骨の形がちがうことで、靭帯から
肘が抜けやすくなっているために起こります。

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳
肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳

逆に、成長して小学校高学年くらいになれば
骨は大人の骨に成長するので、この靭帯から
抜けなくなり、肘内障は起こらなくなってきます。

肘内障の治療

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳

肘内障の治療は、できるだけ早く
「靭帯から外れた骨を整復して、元の状態に戻す」
ことが必要になります。

やさしく外れた骨に指を当て、腕を動かすと
「コツ」と整復音が感じられ、骨の位置が元に
戻ります。

靭帯や骨のキズを併発するのは、ほぼ無い為
骨が元通りの位置に戻れば、数分もしないうちに
子供は自由に腕を動かすようになります。

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳

肘内障のその後

一度「肘内障」を起こしてしまうと、骨を収める
輪状の靭帯が弛緩してしまって、抜けやすくなる子が
います。

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳

ですが、前途通り小学校高学年くらいになってくれば
再発も起こさなくなってくるので、ご安心ください。

それまでの間、抜けてしまったら、その度の整復は
必要になってきます。

簡単にハマっているように見えるかもしれませんが
1割弱の子供に「整復しづらい」子がいるので
必ず整骨院など専門家に頼むように心がけましょう。

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳

肘内障の予防

一度なってしまうと、どうしても抜けやすくなってしまう
肘内障なので、最初に抜けないようにする予防が
大切になってきます。

肘内障で最も原因が多いのは
「子供の手が引っ張られる」
ことで起こっています。

でも、育児中に子供の手を引かないでいるのは
難しいのですが、少しの工夫で肘内障は起こりにくく
なります。

手を引く時に、特に肘内障になってしまうのが
「子供が予測していない時に引っ張られる」
ことで肘は抜けやすくなっています。

逆に子供が腕を引かれることを認識していれば
抜ける可能性はずっと低くなります。

では、どんなことに気をつければよいか?

1.下図のように、子供の手を握り、腕を引く
2.子供に声をかけながら腕を引く

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳

などを気を付けておこなうことで、肘内障の発症は
少なくなり、一度肘内障になってしまった子供でも
再発の可能性も低くなるので、ぜひお試しください。

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳
肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳

肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳
肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳
肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳
肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳
肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳
肘内障について〜ひだまり整骨院_南行徳・浦安・行徳